転職

採用面接で落ちてもまったく気にしなくなる方法

仕事を変えるとなると、面接や面談が必ずあります。

  • 面接がうまくいかずに悩んでしまう
  • 面接で落ちるとどこがいけなかったのか考えてしまう

そんな悩みを解消する方法をまとめたいと思います。

特に、Web制作・開発についてです。

自分は今はフリーランスのため、業務委託で受けるときの面談くらいしか面接のような機会はないのですが、過去にはそれなりの面接の数をこなしてきました。

上手くいったと思う時も、ダメだったなあと思う時もあります。

上手くいったと思っても落ちることもありますし、ダメだったなあと思っても受かったりします。

なので、あまり悩んでも意味がないのです。

そこで今回は、面接の構え方や考え方をまとめていきたいと思います。

面接で落ちるのは単に合わなかっただけ

まず、面接とはなんでしょうか。

面接は、「お互いのニーズが一致するかどうかを確認する場」であるということです。

これを間違って以下のように解釈している人がいます。面接官や、受ける人もそうです。

  • 企業が応募者を選考する(審査する)ためにやるものである

 

これは違いますね。

こっちも選んでいるわけなので、お互いのニーズが合うかを確認する場なんです。

例えば、募集要項を見て、これはバッチリ自分と合うと思っても、面接で話してみたら違かった、ということありませんか?

それは、例えば以下のような理由だからです。

  • 面接官の人と合わない(一緒に働きたいか、なんとなく、も含め)
  • 実際話してみて詳しい内容を聞いてみたらイメージしていたものと違った
  • 質問された内容が嫌だった
  • 会社の雰囲気が好きじゃなかった
  • この会社で働くイメージがわかない
  • 金額感が違った

などです。

もちろんそれと同じで採用する側も、会って話してみたら違った、ということがあります。

なので、これはお互いの条件が合うかどうかの確認の場なのです。

重要なのは、こちらも選んでいる、というところです。

よって、落ちるということは求めている部分がちょっと合わなかった、というだけかもしれません。

なので気にしないのが一番です。

面接で違うと思ったらこちらから断ろう

合わないと思ったら自分からも断って良いと思います。

なぜか面接というと、受かるか落とされるか、みたいなのがありますが、合わなければこちらから判断してお断りするでも全然OKだと思います。待っているだけ時間の無駄です。

向こうも採用する人を選んでいますが、こちらも行く会社を選んでいるということです。

どちらが偉いか上かなんてものはありません。

あまり悩まずにスパッといきましょう。

面接で落ちないためには事前準備が重要

とはいえ、受けるからには受かりたいですよね。

そうすると、一番重要なのは事前の準備です。これができていない人はどんなに優秀でも落ちると思います。

  • その会社のことをよく知る
  • その会社のサービスを実際に使ってみる
  • 自分の資料を深掘りしよう
  • 質問する内容を考えておく

その会社のことをよく知る

当たり前ですが、まずその会社のことはわかる範囲のことは全部調べておくことが必要です。

少なくとも、インターネット上でわかること、会社のサイトや採用サイトは端から端まですべて見ておきます。

その会社のサービスを実際に使ってみる

興味があるということはその会社のサービスが好きであったり、気になっているとは思いますが、オファーがあってから気になった企業もあるかもしれません。

その際は、当然ですがそのサービスを実際に使ってみましょう。

内容について質問されることももちろんあります。

自分の資料を深掘りしよう

提出した書類の他に、Web系のクリエイターであればポートフォリオを作成するかと思いますが、ここには、スペース的にもそれぞれの仕事については概要くらいしか掲載できません。

先方が知りたいのは、

・何の案件で(どのくらいの規模で)
・何をして
・どんな成果を出したか

のみなので、それぞれを答えられるようにしておくのみです。

もちろん、履歴書や職務経歴書もです。

それ以外に細かい質問としては、多めに見積もっても統計的に以下くらいです。すごく一般的な内容です。

  • なぜ応募したか
  • 今後どの方向でやっていきたいか
  • 3年後何をやりたいか
  • マネージメントに興味はあるか
  • 今勉強していること
  • 会社のサイト(サービス)を見て思ったこと
  • 一番やったら伸びると思う施策は
  • 以前の会社での査定の評価点・マイナス点は何と言われていたか
  • 他に受けている会社や進捗
  • 他に受けようと思っている会社・ジャンル

質問する内容を考えておく

その会社やサービスを調べていく中で、質問したい内容が出てくると思いますので、それをメモしておきましょう。これはまた別記事でまとめますね。

楽しい面談にして良い結果を出しましょう。

ABOUT ME
toru
toru
リモートで場所を選ばずに働く、フリーランスWebディレクター・兼Webデザイナー・エンジニア。Web制作会社(ブラック)10年→フリーランス5年目。フリーランスを目指す方や、ディレクション力をつけたいWebデザイナー・エンジニアへ向けて、自分の経験をもとに役に立つ情報についてわかりやすく発信します。