プログラミング

Source Treeを使ったGitHubのパスワード認証をトークンベースの認証に変更する方法(Mac)

GitHubでGitを使用するデスクトップアプリケーションを利用している場合、2021年8月13日以降はGit操作を認証する際にアカウントパスワードを受け付けなくなります。

Token authentication requirements for Git operations – The GitHub Blog

そのため、パスワード認証からアクセストークンベースの認証に変更する必要があります。

今回は、SourceTreeを利用している場合の変更方法についてまとめました。

GitHubで2段階認証を有効にする

まず2段階認証を有効にしていない場合は、有効にしておきます。

右上にあるアカウントメニューから、「Settings」→「Account security」を選択し、「Two-factor authentication」から操作します。こちらの設定は省略しますが以下に詳しく記載されています。

2 要素認証を設定する – GitHub Docs

GitHubでアクセストークンを発行する

次に、アクセストークンを作成します。

右上にあるアカウントメニューから、「Settings」→「Developer settings」→「Personal access tokens」を選択し、Noteには適当な名前(端末名など)を入力し、「Select scopes」で必要なアクセス、今回はプライベートリポジトリの操作を可能にする「repo」を選択し、「Generate token」ボタンを押してトークンを作成します。

Macのキーチェーンからパスワードを削除する

次に既存のパスワードを削除しておきます。

「Keychain Access」アプリを開いて、右上から「github」で検索し、該当のアイテムを右クリックで削除します。2つある場合は2つとも削除します。

SourceTreeアプリ上でGitHubアカウントを再認証する

最後にいつものレポジトリを開いて、フェッチかコミットか何かを行うと、パスワードの入力を求められるので、先ほど取得したアクセストークンをパスワードのところに入力します。

環境設定に以下のアカウント追加がありますが、こちらは特に追加しなくてOK。

以上です!

 

ABOUT ME
toru
フリーランステクニカルディレクター・UI/UXデザイナー。 Web制作会社10年・フリーランス6年の経験をもとにWebサイト・ECサイト構築・運用支援を行うかたわら、Web制作スキルを身につけたい方や、フリーランスを目指す方に向けて、自分の経験をもとに役に立つ情報をわかりやすく発信していきます。